正阿弥勝義、半端なかったですね。今まで何度もいろんな作品展で見て
きたけど、解説つきだとまた一段とその技の凄さがわかるし・・・
作品展で見ても「はいはいオーパーツオーパーツ(茂虎さん風)」と深く考えない
ようにしてたww
加納夏雄の懐中時計も出てきたね。あれも実物見たことあったと思う。
今度夏雄の番組作ってほしい。
あんな番組を見ちゃうとこんなの彫りたくなってしまうよ。というわけで彫った
夏雄大鑑にあった図から 

       natsuo30.jpg
               natsuo31.jpg

この↓「百鶴図花瓶」のだと思う。この花瓶は何年か前の「皇室の名宝」展で見た。
2つの花瓶で1対になってて鶴たちがものすごい勢いで彫られてたなぁ。また見たいな。

   natsuo32.jpg

やっぱり観察だね。観察して描かないとね。思わず外に行っていろいろ写生したく
なるけど、放射性物質が舞い散ってるんだった。あーあ。画像検索か。
子供作って筆ばっかり握らせて書道・日本画習わせて一緒に和彫りしたいけど
放射性物質吸い込んじゃってるんだった。あーあ。一人でやるかw
加納夏雄の牡丹のマネーー!!葉の彫り方が特徴的で真似できないんだよね
花の縁も細かいすじの線の表情も凄いんだけど。というか全部凄いんだけどね。

          natsuo29.jpg
          私のはこれくらいの画像サイズでないと鑑賞に耐えませぬ

清水三年坂美術館には、祇園四条という駅から歩いて行った。少し距離があるけど
街並みを見てると楽しくて楽しくて。天誅(ゲーム)の世界!!屋根に飛び乗って誰かを
忍殺したくてウズウズしてしまうよ。毒団子が落ちていないか探してしまうよ。
可愛い小物屋も並んでいて本当に楽しかった。

       kyoto6.jpg
                    この坂を上っていった

   kyoto7.jpg

小さな美術館だったけど、ホントに笑うしかないようなものがいっぱいだった。なんで
あんなの作れるの…。でも加納夏雄の牡丹の酒盃を目に焼き付けるのに必死だった
ので、他のものについてのコメントは書けません!

帰りにやけに人が入ってるお店があったのでつられて入った。本わらびもち、今までに
食べたことのないようなとろける食感。美味しかった…

       kyoto8.jpg
コメント欄でViViさんに教えてもらった、「幕末・明治の超絶技巧」展に行ってきた!
加納夏雄の見たことの無いものもあって興奮したぁぁぁ。行ってよかったぁぁぁ。

         natsuo27.jpg

「月に雁図」もあって、月のところに映りこむ自分の顔に「夏雄様の顔もこうして映って
いたんだろうなぁ」と思うと…!月はこの記事のように白い(銀の色)はずが、展示のは
真っ黒に変色してしまっていたけど。私が加納夏雄という名前を知るきっかけになった
月に雁図、見られて良かった。
他に、一見すると大きなU字磁石のような文鎮に彫ってあるハスの葉の息を呑む美しさ。
「四季花図茶托」の、ほんのちょろっと花が彫ってあるだけのカッコよさと、その反対側の
流麗な文字彫り。「歳寒三友図盃洗」の梅の花の繊細さ、美しさ、気品…。 
一個一個穴が開くほど見つめてしまった。夏雄さま、あぁ夏雄さま、夏雄さま…。
買った図録を見ながらこれを書いているけど、やっぱり写真は実物とは違うね。全然違う。
迫力が違う。美しさが違う。あぁもう!!

加納夏雄以外のものもホントに見ごたえがあって、正阿弥勝義の「古瓦鳩香炉」、
「瓢箪に天道虫花瓶」とか 海野勝の「龍虎図対花瓶」、「観音立像」(これに彫られてる
四天王にはやられた)、、、もうまさに超絶技巧の数々!! 大満足の展示でした。

見終わって帰ろうとしたら、美術館に「香水瓶の世界」展のポスターが貼ってあって
すごく興味が沸いたので、近いしそっちにも行ってしまった。
こっちのほうが人が沢山で、特に若い女の子が多かった。「かわいぃ~」という声が
あちこちであがっていたよ!

         natsuo28.jpg

唐草模様とか彫金のが沢山見られるかと期待していたらルネ・ラリックとそれに似た
ようなのが多くてちょっと残念だったかな。ルネ・ラリック嫌いじゃないけど。
でも色んな瓶があって面白かった。陶器製のもの、奇抜な形のもの、ウィスキー瓶か!
という巨大なもの、見るからに高級感溢れるもの。広告ポスターも幾つかあって
かっこよかったな。

というわけで和・洋2つの展示を見て大満足な一日でしたーー!
加納夏雄・長常 | 2010/07/13 09:31
こっちのも、切り抜いて裏にも彫った。何日か前、雨が降りそうだなーと思って
空を見上げたら、ほんとに龍でも出てきそうなかっこいい雨雲があってワクワクした。

        nagatsune.jpg
        nagatsune6.jpg
加納夏雄・長常 | 2010/07/02 16:58
この前彫った長常の鐔の下絵、裏側のもちゃんとあったから彫りたくなった。
で、銅板切ってほんとに裏に彫ってみた。いびつww
下絵を反転して彫った。中の穴を抜いたらそうせざるを得なくなった…

        nagatsune4.jpg
              nagatsune5.jpg
               こんな形でとっておくのも面白いよね、と
これも長常の下絵から。獅子カッコイイッ。雲・波のと同じ直径4センチくらい。

        nagatsune3.jpg

昨日、ベランダから雲を写生した。紫外線が大嫌いなので、ある程度描いてあとは
デジカメで撮っておいて家の中で描こう、と思って写真を撮った。人の庭の紫陽花も
綺麗だったのでつい撮っていたら、向かいの人がちょうど家から出てきてギョッとされた。
大きいサンバイザーで顔を完全に覆って人の庭を撮影していたんだから無理もない…
加納夏雄・長常 | 2010/06/24 16:18
一宮長常の下絵集の中にあって一目ぼれした鐔、彫ってみた。雲と波!カッコイイ
今日の夢はこのせいだな。
長常の絵は写実的で品のある感じが夏雄と似てる。でもデザインは長常のほうが
夏雄より豪華というか賑やか。夏雄さんのはそぎ落として考え尽くされた感じ。
まぁこれは夏雄大鑑の解説にあることなんだけど、下絵集を見ていると確かにそう
だな、ってわかる!わかるよ!

        

直径4センチのミニサイズで彫った。せっかくなので鋸で切り抜いてペンダントにどうだろう
↓こんな、持ち手が刀のバッグとか日本刀型の箸とかもあるんだからアリなんではww

   bag1.jpg bag2.jpg

左が洋刀で右が日本刀の持ち手。オーストラリアのempire33というブランドのものらしい。

アマゾンで799円で売ってる日本刀箸。スターウォーズのライトセーバー箸とか
クリィミーマミのステッキ箸とかもあって噴いたww

            cstick.jpg
            cstick2_.jpg
            cstick3_.jpg

ところで、一宮長常の花押がこんなのだった。加納夏雄のと似てると思う。加納夏雄、
好きだった長常の花押を真似したのでは!?私も花押を考えるときは2人のを真似しよう 

                  nagatsune2.jpg
加納夏雄・長常 | 2010/06/22 11:47
な、な、な、夏雄大鑑を手に入れたーー!! 夏雄大鑑が私の部屋にーー!!!
国会図書館で見ていた夏雄大鑑がーーー!国会図書館でも一度に借りられるのは
6冊までだから8巻揃ったのを見るのも初めてだったーー!!

   
   natsuo24.jpg    
                   この大きさを見ておくれよ。。

1巻の作品集、400ページ弱全てがカラー。そして写真がでかい!昭和47年発行の
「加納夏雄名品集」は持っていたんだけど、それはカラーは数ページだった。
カラーだと全然違うよね。右のが「加納夏雄名品集」ので、左側のがむかし
国会図書館でコピーした「夏雄大鑑」のもの。夏雄大鑑の実物を手に入れたので
コピーの紙を切り取ったった!

            natsuo25.jpg
          この蝿は思わず手で払いたくなるwwクリックで拡大します

4巻の写生並墨摺集・写畫志・亡父夏雄肉摺集の中に、こんな絵が!盆踊りの図鐔
参考にした絵があったんだー!藤原廣周筆って書いてあるから、これをもとに鐔の下絵を
書いたんだな。こんな風に、加納夏雄が資料として集めていた絵みたいなのも載ってる。

   natsuo26.jpg
                    クリックで拡大します

7巻の一宮長常彫物画帳は、夏雄が大好きだったらしい一宮長常の下絵集みたいなもの。
私が加納夏雄の資料を集めるように、加納夏雄も一宮長常の資料を集めてうっとり
眺めていたんだな。。これまた素晴らしい巻です!!

はぁ。手に入れて数日、未だ興奮冷めやらず…
全8巻、30万円で売っている古本屋もあるけど、とある古本屋さんのご好意でかなーり
お安く買えた!!夢のよう。自分も彫金やってるって言ったのがよかったのかなw
もっと待つ覚悟だったのに。どの巻も新品のように綺麗だし…。本当に嬉しい。
そういえば、この時コメントをくれたViViさんももう手に入れたのかな。

勢いでカテゴリに「加納夏雄」を作ったよ!
加納夏雄の作品に銘として「夏雄」とか「な川を」、その次にこんな文字がよく
彫ってある。
                    natsuo22.jpg

これって何だろう、何の字だろうと思っていたら、「花押(かおう)」というものらしい。
花押(華押)とは、署名の代わりに使用される記号・符号をいう ですって。
で、この文字は「寿」の文字をモチーフに加納夏雄がアレコレ悩んでデザインした
ものらしい。
どうして「寿」かというと、師の池田孝寿の「寿」をもらった「寿朗(としあき)」という
号を持っていたから。(寿だけじゃなくて寿朗の2文字を組み合わせたデザイン
なのかもしれない) 読めなくて当たり前の、記号だったんだー。すっきり!
図書館で借りた本の中に、加納夏雄の鐔が載ってた。見た事の無いもので
また彫りの美しさにKOされた!うほおぉぉーーー。なにこれやばい。
盆踊りの図鐔・加納夏雄・嘉永七年(1854年)ですって。象嵌の色も効いてる。
あぁ夏雄さま… 何この線の美しさ… なんなのもう!

   natsuo19.jpg
                  natsuo20.jpg
        真似して彫ったらどんな感じかと思ってやっちゃったの図銅板

本のが実物大だったので同じくらいの大きさで。洋彫りでやった。和彫りの片切りで
彫るイメージはちゃんと頭の中にあったのに、刃の逆側で彫ってしまったところがある。
和彫りと洋彫りは彫る方向が違うから。。和彫りでやればよかったけど細かいんだもんww

      natsuo21.jpg
                     ちょうど2㎝くらい

和モノを彫ったところで、自分の持ってるつげ櫛に何か彫りたくなった。でも木は彫った
ことが無いし水につけるのはNGだからヒートフォーム使えないし なかなかいいお値段
だったし… やっぱ彫るにしてもまだ先かな。
つげ櫛は凄く使い心地が良い!静電気が起きないんだよ。2ヶ月前くらいに買ったけど
プラスチックの櫛は使わなくなってしまった。 薩摩つげ櫛は江戸時代から
「櫛になりたや薩摩の櫛に 諸国娘の手に渡ろ」と歌われたらしい。男ってもんはww
加納夏雄・長常 | 2008/03/27 17:47
桜も彫った。朝、上野公園の中継やってて普通に桜咲いてた(驚いた)から載せよう

              kanji4.jpg
  
              花もおまけに。お花見行きたいなー

「桜」は真ん中のだけフラットグレーバーの両側から彫る方法で、あとのはスクエアで
彫った。アルファベットとか唐草(洋風の)を彫ってる時よりもスクエアグレーバーが
使いやすかったような… なぜだ… 日本人だから?
それにしてもやっぱり加納夏雄の文字彫りはすんばらしくカッコイイ。。

natsuo16.jpg natsuo17.jpg natsuo18.jpg

左のは「わたつみのかざしにさすといはふもも きみがためにはおしまざりけり」
(渡つ海のかざしにさすといはふ藻も君がためには惜しまざりけり・伊勢物語) って
彫ってあって、真ん中のは「可憐慈愛情」と彫ってある。あぁたまらん…
加納夏雄・長常 | 2007/04/16 18:50
今日も加納夏雄の雲を真似した。もう、加納夏雄とそっくりに彫ろうと思うこと自体が
おこがましいと思った。出来るわけがない。…でも大好きだからこれからも真似する
だろうけど。
         natsuo11.jpg

下のが加納夏雄の彫った銅板の写真。これを見ながら今日のとこれこれを彫った
わけです。ほんっと痺れるかっこよさ…

                natsuo12.jpg
                     クリックで拡大
加納夏雄・長常 | 2007/04/15 21:27
今日も加納夏雄の雲を見ながら。やっぱ違う

        natsuo10.jpg
加納夏雄・長常 | 2007/04/14 01:04
加納夏雄の雲を真似して彫った。あんまり和彫りやってなかったら、片切り鏨の
(自分から見て)右側の刃で彫るのが下手になっていた… ショッキング!

          natsuo8.jpg
          natsuo9.jpg

夏雄たんの雲はどうしてあんなにかっこいいんだろう。やっぱり違うんだよこれも。
ていうかそもそもどうしてあんな絶妙な線で雲を表現できるの…?
本に載ってる写真を見ながら彫ってたら肩凝ったぁぁ
今日も加納夏雄の作品のせちゃおうっと。サッカー始まるし彫りは休みっ!!

    natsuo4.jpg
 natsuo5.jpg
                 目貫・日月雲波図

ものすごくカッコよくないですか!?目貫というのは、刀の柄についている
装飾性をもった刀装具です。 …日本刀復活希望!!一家に一振り!!
(刀は一振り、二振り…と数えるらしい) 
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
携帯電話を持ってない絶滅危惧種
コメント・リンク大歓迎です
よいお年を!

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -