「ふたりのピノコ」と「緑柱石」について

BJには、少年チャンピオンでの初出時とその後の単行本収録時とで、話の内容が
かえられているものがある。BJがピノコを作るときにモデルにしたロミという少女の
話としてよく知られている「ふたりのピノコ」も、初出時にはそんな設定も無かった!

私は初出の「緑柱石」のほうが好きだ。 
ロミがピノコのモデルではなくあくまで他人の空似というのも、そんな奇跡のような
出会いをしたBJとロミの、悲しい別れを際立たせている気がする。
「ほんとに にてるの?」
「にてるとも まるで兄弟みたいだ よくも 似たもんだよ」

偶然出会ったピノコそっくりのロミ、、、どんなに生きていて欲しかっただろう、、ウッ

また「ふたりのピノコ」ではロミが死んでしまってから工場の専属医の津久田先生が
工場を告発しようと目覚めるが、緑柱石ではロミの死がストーリーの最後だ。
もしもし 津久田医師につたえてくれ いまロミって女の子が死んだと
のセリフのあとに、文庫版で言うと7巻94ページの、怒りと悲しみに震えるBJの顔と、
工場の煙突のコマ、で終わる。これで泣かずにいられるかぁぁぁ 。・゚゚・(´□`。)・゚゚・。
あのBJの表情はBJ名シーンベスト3に入る!!!!!

ピノコそっくりのロミの死。BJにこんな経験させるなんて、手塚治虫、あんたぁ鬼だ。。

小ネタ。ふたりのピノコでは工場の看板が
「槍津花市(やりつぱなし)誰永(たれなが)科学第4工場」で、緑柱石では
「本田特殊合金精練 ベリリウム工場 HONDA.K.K」だった。ちょwホンダwww
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/17-d3d468e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
携帯電話を持ってない絶滅危惧種
コメント・リンク大歓迎です
よいお年を!

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -