コメント欄でViViさんに教えてもらった、「幕末・明治の超絶技巧」展に行ってきた!
加納夏雄の見たことの無いものもあって興奮したぁぁぁ。行ってよかったぁぁぁ。

         natsuo27.jpg

「月に雁図」もあって、月のところに映りこむ自分の顔に「夏雄様の顔もこうして映って
いたんだろうなぁ」と思うと…!月はこの記事のように白い(銀の色)はずが、展示のは
真っ黒に変色してしまっていたけど。私が加納夏雄という名前を知るきっかけになった
月に雁図、見られて良かった。
他に、一見すると大きなU字磁石のような文鎮に彫ってあるハスの葉の息を呑む美しさ。
「四季花図茶托」の、ほんのちょろっと花が彫ってあるだけのカッコよさと、その反対側の
流麗な文字彫り。「歳寒三友図盃洗」の梅の花の繊細さ、美しさ、気品…。 
一個一個穴が開くほど見つめてしまった。夏雄さま、あぁ夏雄さま、夏雄さま…。
買った図録を見ながらこれを書いているけど、やっぱり写真は実物とは違うね。全然違う。
迫力が違う。美しさが違う。あぁもう!!

加納夏雄以外のものもホントに見ごたえがあって、正阿弥勝義の「古瓦鳩香炉」、
「瓢箪に天道虫花瓶」とか 海野勝の「龍虎図対花瓶」、「観音立像」(これに彫られてる
四天王にはやられた)、、、もうまさに超絶技巧の数々!! 大満足の展示でした。

見終わって帰ろうとしたら、美術館に「香水瓶の世界」展のポスターが貼ってあって
すごく興味が沸いたので、近いしそっちにも行ってしまった。
こっちのほうが人が沢山で、特に若い女の子が多かった。「かわいぃ~」という声が
あちこちであがっていたよ!

         natsuo28.jpg

唐草模様とか彫金のが沢山見られるかと期待していたらルネ・ラリックとそれに似た
ようなのが多くてちょっと残念だったかな。ルネ・ラリック嫌いじゃないけど。
でも色んな瓶があって面白かった。陶器製のもの、奇抜な形のもの、ウィスキー瓶か!
という巨大なもの、見るからに高級感溢れるもの。広告ポスターも幾つかあって
かっこよかったな。

というわけで和・洋2つの展示を見て大満足な一日でしたーー!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/2305-cf3f9e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

行動、早っ!!
確かに「まだやってるし」と思っていると終わっていることが多いですからねぇ。
レポートを読んだら、行くのがすっごく楽しみになってきました。ワクワク・・・
2010/11/17 13:21 ViVi [編集]

ViViさんに教えて頂いた瞬間から行きたくてうずうずしていて
時間ができてすぐに行きました!
平日の昼に行ったら、人もあまり居なくてゆっくりじっくり
見られました。贅沢な時間でした~(*´▽`*)
2010/11/18 07:04 sawa [編集]






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -