1月3日。アントワープへ行った。朝食に、昨日の夕食のパンもw
そうそう毎朝歩いていると、道端にこういうパンがかなりの量、ゴミとして捨てて
あった。切ない光景だったなぁ。

         Belgium213.jpg

いつものように中央駅でアントワープ行きの往復切符を買って、電車に。
中央駅で新発売らしいビールを配っていて貰った。飲み始めてアルコールフリーと
気付くと夫のテンションが少し下がっていた。

  Belgium214.jpg

アントワープまで1時間弱なんだけど、アントワープ中央駅(Antwerpen-Centraal)で
降りるところを、1つ手前の Antwerpen-Berchem で降りるというミスを犯したwww
アントワープって聞いて着いた、と思っちゃったんだよね。まぎらわしいっ
皆さんも気をつけて。「間違え記念」の写真。

  Belgium215.jpg

寒さを凌げる待合室があってよかった。それに次の電車は20分もしないうちに来た。
(タイミングが悪いともっと待つと思う)

  Belgium216.jpg

電車でビールを手にしていた笑顔と間逆の顔をしてくれている夫ww

  Belgium217.jpg

次の電車で無事アントワープ中央駅到着。セントラーーール!!この駅はカッコいい!

Belgium218.jpg
Belgium219.jpg
Belgium220.jpg
      Belgium221.jpg

駅正面からの写真。ホント豪華な駅だったー

Belgium222.jpg

アントワープは寒かったな。朝から風が強くて。とりあえずメイン通りを歩いて、(大きな
服とか雑貨の店が沢山並んでいた。セール期間だし、地元の人も大勢ショッピングを
楽しんでる感じだった)

Belgium223.jpg

ルーベンスの家(Rubens house)到着。ルーベンスが住んでいた家が、美術館の
ようになっている。家の中は写真はNGだけど、中庭とかはOKだった。
ルーベンスが1610年に購入して、1640年に亡くなるまで生涯の住処とした家
なんだって。暖かい季節だとこの庭ももっと綺麗なんだろうな。でもまぁルーベンスが
居たときも冬はあったわけだしね!

Belgium224.jpg
Belgium225.jpg
Belgium226.jpg
          Belgium227.jpg
Belgium228.jpg

家の中には、ルーベンスの絵はもちろん、美術品のコレクターだった彼のコレクションの
絵画、石像などなど豪華絢爛な品々が並んでいた。部屋数も多くて、さすが、って感じ!

生涯に4枚のみ、の貴重な自画像(左)とか、53歳のときに再婚した16歳の妻エレーヌの
肖像画(右)とか、息子の肖像画、パトロンの肖像画も飾ってあった。

   Belgium229.jpgBelgium230.jpg

あと作者不明の絵で、このルーベンスの家を描いた絵もあった。こんな絵。

   Belgium231.jpg

似たアングルから撮ってみた写真

   Belgium232.jpg

この「アダムとイヴ」の絵もあったんだけど、この絵をぱくったビールのラベルがある!

          Belgium233.jpg

これがそのビール。さすがビール大国だね。

             Belgium234.jpg
          Belgium235.jpg

続きにデジレ・ド・リールのワッフルとラックマン(ラックモン)、Maxの
フリッツ、聖母大聖堂のルーベンス、市庁舎とブラボーの像、ステーン城、
Exkiの夕飯など。

街中に、こんな手のオブジェが。アントワープって湾岸都市なんだけど、その地名の
由来が諸説あって、ひとつに
昔、巨人がスヘルデ川を渡ろうとする者に通行料を要求し、それに応じなかった者の
片手を切り落として河へ放り捨てていた。しかし、若き英雄ブラボーが巨人
アンティゴヌスを退治し、その手を切り落として河へ投げた。このことが、
「Antwerpen」(オランダ語で「手を投げる」の意)となった、 っていうのがあるんだって。
切り落とされた巨人の手か。

   Belgium236.jpg

さて、3大ワッフル屋、最後のデジレ・ド・リール(desire de lille)に到着。

Belgium237.jpg

コーヒーと(またワッフルクッキー付き)、シンプルな生クリームだけ乗ったブリュッセル
タイプのワッフルと、この店の名物らしい、ラックマンというお菓子を頼んだ。

   Belgium238.jpg
   Belgium239.jpg

ワッフル、うまいっ!やっぱりフルーツとか色々乗ってるのよりシンプルにクリーム
だけ、くらいのほうがいいかもしれない。色々乗ってるとさくさくの生地がふやけて
しまうし。ゲントのマックスで見た、通っぽい食べ方をしっかり真似てみた。

   Belgium240.jpg

そしてこのラックマン(Lacquement)、薄くて固めのワッフル?に、蜜がたっぷり
かけてある。この蜜が秘伝の蜜らしいんだけど、なんとも不思議な風味なんだよ!
なんか、洗剤か芳香剤でありそうな風味。「間違って洗剤入れちゃいました」って
言われたら信じてたwww ハーブとかスパイスなんだろうけど、、うーーん。

   Belgium241.jpg

首を傾げずにはいられない味。皆さんもぜひ試してください。不味いって言う人も
居ると思うけどww

             Belgium242.jpg

追記:これを読んだ母親からメールが来た↓

ラックマンね、その綴りだと、ラックモンかな、とググってみたら、あのシロッ
プは、梨とリンゴを銅鍋で12時間煮て、ピューレを作り、それを4時間かけて
ゆっくりと濾して、さらに煮詰めて作るそうな。ハチミツより固めの感じだっ
た?8キロの果物で1キロのシロップしか出来ないとか。

ほーーー!ラックモンなんだ。ガイドブックにラックマンてあったから。
梨とりんごであんな風味になるのかなぁ。他にも何か入ってたと思う。
それともホントに私のには食器用洗剤でも混じってたか・・・

ワッフルとラックマンで小腹を満たし、ルーベンス像と同じポーズで記念撮影したあと、

       Belgium243.jpg

またフライドポテトで小腹を満たすww このフリッツ屋、「世界ふれあい街歩き」で出て
きた店だ!って気付いちゃったのでね。それに今まで食べたポテトで感動することが
無かったので、今度こそは、っていう気持ちもあった。こういうフリッツ専門店なら、と。

       Belgium244.jpg

おばちゃんが、注文すると多分1度揚げてスタンバイされてるフリッツを、2度揚げして
熱々をくれる。ソースは色んな種類があった。別料金(65セント)でカップを買って、
好きなのを入れる。

Belgium245.jpg
Belgium246.jpg

で、味は!!…フツーかな!!ww そりゃ熱々揚げたてで美味しいけど、特に、って
わけでもないような。原発事故以来、ほとんど外食をしなくなったんだけど、たまに
小洒落たハンバーガー屋は行ってて(オージービーフのところが多いから)、ポテトも
出てくるでしょ、そういうのと特に変わらないんだよね。まー、日本ってホント色んな
ものが美味しいからね。でも結構な量だったけど2人でペロっと食べちゃったので
美味しかったってことだろう。

   Belgium247.jpg

さて次はいよいよ、アントワープの目玉、聖母大聖堂です。「フランダースの犬」のネロが
見たいと熱望していたルーベンスの祭壇画のある教会。

       Belgium248.jpg
       Belgium249.jpg

もー、中が凄く広くって、ステンドグラスもたーーーーくさんあって、祭壇画だって
ルーベンス以外のもたーーーくさんあって、もう、もう、物凄いところだったよ!!

       Belgium251.jpg
Belgium250.jpg
Belgium253.jpg

聖母被昇天

       Belgium252.jpg

キリストの昇架

030112-3

キリストの降架

030112-2

(キリストの復活は写真撮り忘れちゃったみたい…!)いやぁ、圧倒的だった!!
ついに僕は見たんだ、と。(王立美術館でルーベンス部屋が見られなかったのを受けて)。
扉になってる裏も、しっかり見たよ。日本語の詳しい解説もちゃんとおいてあったよ。

「フランダースの犬」のアニメを見てた記憶はほとんど無いんだけどね。
兄に旅行前に「見てたっけ?」と聞いたら「確かに見てた、お前も見てた」って言われた
けど。ここはアントワープに来たらはずせないねほんとに。というかここ目当てで
みんな来るよね。

市庁舎と伝説のブラボーの像(切り取った巨人の手をまさに投げようとしているところ)を
チラ見して(巨人の手って言うけど普通の大きさじゃんねー)と突っ込み、

Belgium254.jpg

昼食。海老のコロッケ、パスタ、白身魚のソテーを注文。コロッケ超おいしかった!!
濃厚な海老のうまみがぎゅっと詰まってて。コロッケも定番料理でよくメニューにあった。

   Belgium255.jpg

パスタは何かが足りない味だったw いまいち定まってないというか。海老のパスタ
なんだけど、海老の風味があんまりしなくてほのかにカレーっぽい風味(クミン?)が
あって… レストランでパスタを食べてる人が多かったので注文してみたけど失敗。
 
   Belgium256.jpg

魚もフツー?ガーリックバターってあったはずなんだけど、もろオリーブオイルだったw

   Belgium257.jpg

このあと物凄い風と雨で、一時ビアカフェに避難した。ビアカフェに行く前にレース屋で
ハンカチなど買った。そこの店番の美少女がまぁ可愛かった!!まだ10代前半くらいで
大人しめな、恥ずかしがり屋なかんじで。イニシャル入りのハンカチを幾つか買ったら
プレゼント用?と聞かれて、yesと言ったら丁寧に包装したあと、イニシャルの文字を
小さく隅に書いて(ここに書いてあるからね)と恥ずかしげに微笑んだあの笑顔!!
ブラボー!!あぁ、あの子をブラボーの像にしたい。
ここのハンカチをお土産に貰った人はそういうことも思い浮かべて下さい。

さて、雨が収まったので、夜の大聖堂、ブラボーの像を鑑賞。

       Belgium258.jpg
Belgium259.jpg
       Belgium260.jpg

手を切り取られた巨人が下のほうに横たわってる。

Belgium261.jpg

巨人の切り取られた手のところと、ブラボーが持ってる巨人の手のところから血が吹き出る
ように水が出る噴水のはずなんだけど、この日は水が出ていなかった。残念!

    Belgium262.jpg

アントワープのお城、ステーン(steen)城。

Belgium263.jpg

このお城の前の、ステーン広場でクリスマスマーケットがあってスケートリンクもある、と
リサーチしてあったんだけど、その前までの酷い風雨のせいか観覧車も止まって
リンクも閉まってた。あぁ、クリスマスの絵葉書っぽい感じに、スケートでもして
浮かれちゃおうかと思ってたのに!

Belgium264.jpg
Belgium265.jpg

お城の中からスヘルデ川を眺めたんだけど、暗くていい写真が無いので省略。

閉店していく色んなお店を急いで物色しつつ駅のほうへ戻り、
夕飯は、これもベルギーで色んなところにあったエクスキ(Exki)というヘルシー目な
セルフサービスレストランであまりお腹が空いてなかったので軽めに。
ほうれん草のスープ、まぁまぁ美味しかった。

   Belgium266.jpg

夫のキャベツのスープ(多分)は微妙だった。ラザニアはとても美味しかった!
   
   Belgium267.jpg

夜の駅

Belgium268.jpg

で、盛りだくさんだったアントワープ、終わり!
…あ、アントワープってダイヤで有名な街なんだけど、宝飾学校出身の夫婦にも関わらず
2人とも石にはまったく興味無しなので、そういう場所は全然見なかったです!
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/2869-fd1b3f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -