世田谷文学館でやっている、「地上最大の手塚治虫」展に行ってきた。
芦花公園駅から歩いてすぐ。初めて行ったけど迷わず行けた。

   osamu.jpg

写真はサファイアとかブラックジャックの等身大(?)人形の前なら撮っていい。
でもデジカメを持っていくのを忘れてしまって撮れなかった…
ブラックジャック人形は宝塚の手塚治虫記念館のと同じだったかなぁ。
ちょっと違う気がしたな。

原画が結構沢山並んでいた。やっぱりあの線、大好きだなー!
ブラックジャックの「二つの愛」は全部のページ展示されていた。

見せ方もなかなか工夫してあった感じ。大きいパネルが沢山あった。
しかし、それでもなおやはり僕は人間がいとおしい。生きるもの全てが
いとおしい。僕達は間違った道に踏み込んできたのかもしれないが、あの罪のない
沢山の子供達を思うととても人類の未来を諦めて放棄することはできません

というパネルの手塚治虫の言葉を読んだときは泣きそうになった!
あと端々にあるスタッフの一言(?)がちょっと面白かった。
ブラックジャックの、「カルシウムの鞘に包まれたメス」が飾ってあって笑ったw
スターシステムの紹介なんかは、ボリューム不足な気がした。
(ビデオでスターシステムのノートが見られるようにはなってたけど)

出口付近に全集とかが自由に読めるスペースがあって、あまり読んだことが無いものを
読んできた。ヒョウタンツギの小説を初めて読んだ、面白かった。

物販ではポストカードとかクリアファイルとか、この展示の図録も売っていた。
画像の2枚のポストカードの、右側の絵柄のクリアファイルが売り切れてて残念!

それから常設展も同じチケットで見られるというので行ったら、
「ムットーニのからくり劇場」とかいうものがあって、ちょうど上映時間で見せてもらった。
小さい箱の中の人形劇っていう感じで、音楽とか照明とか、なんともいえない雰囲気が
あってすごく面白かった。全部で6つ、箱があるんだけど、最初に3つ見たあと、次の3つの
上映までの30分、また手塚治虫展に入って漫画を読んで時間をつぶした。
全部見たけど一番最初のが一番好きだったな。夏目漱石の「夢十夜」の中の一編を
からくり劇にしたもの。「漂流者」って題だったかな。
ぜひ手塚治虫展に行ったらこれも!

世田谷文学館、落ち着いた雰囲気で手塚治虫展もムットーニも楽しめた。おすすめ。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/3132-e044d2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -