「刻印」と「指」について

このエピソードも、「ふたりのピノコ」のように、後になって内容が大きく
変えられた。もともとの「指」には、間久部緑郎(ロック)は多指症だった
という設定があった。
               6.jpg

    この「指」が載ってるチャンピオンは5万円くらいの値がつくらしい… 

「指」では中学校で多指症のために一人ぼっちだった間久部と、車椅子のBJが
仲良くなり、アメリカの大学へ行くことになった間久部が、BJに6本目の指を
切ってくれと頼む。そしてその時に切った指が、数年後犯罪者となった間久部を
自白に追いやる。でも「刻印」と同じように、間久部の指をつけかえる、という
手術もしており、話全体としては多指症を省いた「刻印」のほうがスッキリしている
かもしれない。 だ け ど !

緑郎(ろくろう)というおれの名も六という字からつけられたんだ
というセリフを「指」で初めて読んだときはオォォッと興奮した。間久部緑郎(ロック)
という手塚漫画には欠かせないキャラの名前の由来がわかった!!
と、言ってもそんな由来の設定はこの時作られたものだろうけど…。

そしてもう一つの大きな違いは、「指」では間久部自身がBJを爆弾で殺害
しようとするところだ。親友だったのに… 黒男たん可哀想… (´・ω・`)
まぁそんな極悪非道なロックも好きだ。というかバンパイヤとかアラバスターの
ロックを考えると本領発揮キターーー!!!!って感じだ。
というわけでBJと間久部緑郎の友情という点から見ると、「指」と「刻印」の
結末は正反対だ。

かつての親友に裏切られ、
友だちか…とつぶやきながら間久部からの
手紙を破り捨てる「指」のBJと、

おれを信じてくれ 
ああ…信じるよ 気の毒したな間久部
いや…これでいいんだ

と間久部と会話を交わす「刻印」のBJ。

どちらもそのあと一人歩いていくBJのうしろ姿のコマで終わる。
どっちのBJの背中を追いかけたいかっていったらそりゃ「指」のほうだ!
わ、わ、わたしは絶対にあなたを裏切りません!!
だからそばにいさせてっ…!
 
ってなもんだよ、ほんとに。あのうしろ姿はたまらん…ハァ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/35-52b0754e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/15 18:21 [編集]

Re: タイトルなし

↑の方への返信です
その図書館でも読めるんですね。私は行ったことが無いですが
面白そうなところですね~(*´▽`*)
2010/08/16 23:18 sawa [編集]






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -