木曜、ビッグサイトで開かれていたIJTに行ってきた。なんとEnsetという新しい
洋彫りの機械のデモンストレーターとして!シーフォースさんのブースで。
私も触るのは初めての機械だった。でもその機械のことは動画で見たりしていて
どんな使い心地なんだろうなーと興味があった。



スペインの会社が作った機械で、もともとGraver maxを売る仕事をしていた人が
もっと良いものを、と開発したらしい。シンプルなつくりで丈夫で壊れないのが
ウリらしい。一緒に使われてたエアコンプレッサーも、全然手入れが要らないらしい。
音もすごーーく静かだった。

鏨株はGraver maxと同じのをセットできるので自分のを何本か持っていって
会場で彫らせてもらった。
すぐに慣れたけど彫る感じは結構違う。ペダルを短く踏めば1回だけのストロークを
出せる。和彫りでおたふく槌を1回だけ叩く感じに。
でもその最初の1回が結構ポンっと強く出る感じなので、凄く繊細な細い線を彫るのが
ちょっと難しく感じた。(上位機種のEnset plusだとその辺も彫り易いらしい)
そもそもそんな細い線は彫らないなら全然問題ないけど。
あと大きい違いはペダルを踏み込んでもストロークが一定なことかな。早くならないの。

機械の洋彫り初めての人がEnsetとGraver max、どっちが彫り易いか、はそんなに
変わらないんじゃないかなぁ。早さが一定だからEnsetのほうが少し楽なのかな?



上の動画で説明しているように
ハンドピースはひとつだけで、中のパーツを取り替えたりネジを回したりすることが
Graver maxで言うハンドピースを取り替える(901からマグナム、みたいに)のと
同じになる。何個もハンドピースを揃えなくて済むけどちょっと面倒といえば面倒かも。

この写真のモニターに写ってるのは別の人が彫った板です 
(私はもっと上手く彫れたよ!)

scroll128.jpg

あーこの作業机、うちにあるのと同じやつだった!
私がフィギュア作りに使ってる作業机ww
夫が宝飾学校時代にシーフォースで買ったんだったなぁ。

人に見られながら彫るなんて経験は初めてだったのでちょっと緊張したけど
楽しかった。彫った板を貰って良いですか?って持っていかれたり
Ensetで彫ったやつじゃないけど持っていったナウシカの真鍮板の写真を
撮られたりしたw 開発したスペインの会社から来た人もとても親切で
楽しかったなー。Enset plusも使ってみたいなぁ。
Graver maxで何か不具合が起こるとなんでなんで?って焦って
英語の説明書とにらめっこしないとなんだよね。私は鈴峰から買ったわけ
でも無いから、万事休すの場合はGRSに英語でメールしたりしないといけないかも。
Ensetなら全然壊れないってことなのでそういう心配が無いのは良いね。

Ensetで彫ったものを写真に撮るの忘れてた・・・
代わりに、デモをやることになって慌ててどんなの彫れば良いんだろう、と
家で練習した板載せとこ

scroll127.jpg

というわけで面白い経験ができました!シーフォースさんありがとうございました
帰ってきて「そういえばエアコンプレッサーのオイル交換全然してなかったな」と
慌ててオイル交換しました

※拍手どうもありがとうございます
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/4188-6e1b441f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -