未分類 | 2018/02/25 20:22
兄が書いていたブログの記事も載せる
兄は両親がテキサスに行くことになって ブログを始めました
自分達の近況を気軽に見てもらえるようにと。鍵付きで読むのは家族くらいでした
同じように父もブログを始めて
私は兄と父のブログを毎日朝起きると一番に見ていました

2009-09-20
今日は元気じゃない元気じゃない

パパ日記 | 01:43

朝から(長男)が元気がない。おなかがいたいといって、唇を紫色にして横になっている。

いつもならプラレールで遊んだりしているのに。起きたばかりのパパはしばらくそばでいっしょに横になっておなかの上に手をのせて「おとなしいとかわいいなぁ」と思っていた。

突然ゲロ吐いた。ゴポゴポとたくさん。まくらの上にはいた。ポリエステルの枕じゃなくて、フェザーの枕に。あわてて片手でうけとめようとするけど、片手じゃどうしようもないくらいあふれてくる。

ああ、おなかこわしたのかな。寝冷えで風邪ひいたな、、、と思った。

様子みてればいいかなとパパはいつもどおりに思ったけど、前にも同じようなことがあって、そのときは小児科で吐き気止めの薬をもらったりしたことがあったからと、ママは病院に連れて行くことを決めた。

パパひとりで連れて行こうと思っていたけど、病院に電話したら今日は休日なので混むといわれた。休みたいのだけど、お昼出勤はパパひとりで、代わりがいない。しかたがないのでばーばを呼んだ。ばーばはすぐきた。

ママは「パパとばーばは家で待ってて。」といった。

パパはばーばと二人きりで家にいるのは嫌だった。会社にいくまえにお風呂にも入らなくちゃだったし。

いろいろ考えた挙げ句、ばーばは(次男)をつれて帰った。

パパとママと(長男)と3人で病院へいった。

病院はマスクした人だらけだった。

パパは二人をおろして、家に帰って、風呂に入って、会社に行った。

会社にいく途中、病院へ寄ってママに忘れ物の携帯を渡した。

ママは最近よく携帯を携帯するのを忘れるから。

車の中では「次の誕生日にはストラップ買ってあげる。首につけるやつ。鍵付きで、外せないようなやつを」なんて冗談いって笑っていたけど、病院で1時間も待っているママは疲れた様子だった。

パパは会社に行った。仕事した。やりたいことがやっぱり半分も終わらなかった。

帰ってきて、ママと話した。

ママは10時半頃に病院にいって、14時近くまで病院にいた。

3時間以上、病院にいた。

ママはほんとうに大変な職業だと思う。

パパはほんとうに気楽でいいと思う。ママが大変な苦労をしている間、デスクに向かってマウスとキーボードをいじっているだけなんだから。

子の看護休暇なんていう制度はあるけど、結局男は制度をほとんど利用していない。なんていう記事を以前どこかのブログで読んだ。



家族よりも仕事をとる日本のサラリーマンはどうかしていると思った。

年休が30日以上余っているのに、こういうときですら休まないサラリーマンはどうかしていると思った。

どうしてもっと本当に大事なものに一生懸命になれる社会にならないのだろうか。どうして「みんなそうなんだから」とか、「いやあ、昔の男なんてみんなそうだったんだから」みたいなのって、なかなか変わらないんだろう。

どうして僕もいつのまにか大事なものをときたま忘れて、仕事しちゃったりするんだろう。

仕事よりも家族なんだっていう人が多数派になるのはいつのことなんだろう。少なくとも、少子化社会において、仕事よりも家族なんていう社会は、今まで以上により現実味がなくなってしまっているような気がするんだけど、そういう気負いがもうだめですかね。


堂々と、「愛すべき家族が病気のため休みます」と口に出して会社にいえるようになるには、どうしたらいいんだろう。

と、考えると、結局、私がいなくてはならないシフトや、私がいなくてはならないような体制を作ってしまったのは、誰なんだろうと怒りの矛先を探したくなるけど、その組織に属している以上、それは自分の責任でもあったりするわけで、サラリーマンはつらいよと思ったりする。

でもさ、僕がいまのチームで働くようになってまだ2年経っていないんだぜ?

そのチームはそれよりも5年も前からあったチームなんだぜ?

やっぱり元々いた人たちに「いままでなにやってきたの?」って文句の一つも言いたくなるんだぜ?

文句いったってどうにもならないから、ママや(長男)が病院でずーっと同じ椅子に座って待っていた間、パパはいろいろ古い習慣やらくだらない運用やらを、コツコツと変えるような仕事をしているんだぜ?ほんとうにコツコツだよ。コツコツ。だってパパは人を巻き込むのが上手じゃないから。

パパは何年もくだらない、無駄のあるやり方で仕事をしてきた人たちを素直に信用することができないんだ。どうしても頭にきちゃうんだ。信用できないんだ。

「ただいわれたとおりにやればいい」なんて考えちゃう人たちを、僕は信用できないんだ。

だからパパがあともう少しがんばれば、きっと有給休暇を消化しやすい職場になって、パパがいなくちゃいけない日なんてなくなるようになるんだよ。

だから、お願いだからもう少し待って。もう少し。もう少し。もう少し。


(長男)は夜になって吐くこともなく、おかゆを3杯も食べて寝たそうだ。

いま、静かに寝息をたてて寝ている。

ママは疲れ果ててパパのキーボードの音をうるさがることもなく寝ている。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/4560-d4c46555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -