加納夏雄・長常 | 2007/04/16 18:50
今日も加納夏雄の雲を真似した。もう、加納夏雄とそっくりに彫ろうと思うこと自体が
おこがましいと思った。出来るわけがない。…でも大好きだからこれからも真似する
だろうけど。
         natsuo11.jpg

下のが加納夏雄の彫った銅板の写真。これを見ながら今日のとこれこれを彫った
わけです。ほんっと痺れるかっこよさ…

                natsuo12.jpg
                     クリックで拡大
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/558-d5c86103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

その銅版を見ながら真似するんじゃなくて
空に沸く本当の雲の姿をものすごくよく観察して
その結果自分の中に得ることが出来たものを
自分の彫りに反映させることがベターなんじゃ
ないかと思ってみました。
それで出来上がったモノが加納さんの作品に
似てもよし、似なくてもよし。

むしろ違う人間が彫るモノなんだから完成物が
違うモノになるのは当たり前だけど、雲の姿を板の
上に現す過程で削ぎ落とすものと残すものを
突き詰めた結果が似たようなモノにもなるかもねー。
2007/04/16 23:46 [編集]

本当にそうですよね、
線が「自分のもの」だからこんなのが彫れるんですよね。
彫りながらそういうことも思ってました、自分の雲じゃないんだもんなぁ、と
加納夏雄の雲なんだもんなぁ、と…。

物凄く的確なアドバイス、どうもありがとうございます。
精進したいと思います。
2007/04/17 00:25 sawa [編集]






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30