「死に神の化身」と「恐怖菌」について

これも、とか緑柱石みたいに、後になって内容が改変されたもの。「死に神の化身」
が単行本収録の際には「恐怖菌」に描き替えられた。
単行本ではドクターキリコの初登場は「ふたりの黒い医者」だけど、週刊チャンピオン
連載時は「死に神の化身」がドクターキリコ初登場エピソードだった。

「死に神の化身」と「恐怖菌」では、絵やコマ割りの違いはほとんど無いけど、セリフや
設定が大幅にかわっている。

「死に神の化身」は航海に出た原子力船「ムツゴロー」の原子炉から放射能灰がもれ
その放射能症にかかった船員をBJが治す、というもの。それが
「恐怖菌」ではベトナム戦争で使われていた輸送船「あしゅら丸」に積まれていた
細菌兵器がもれ、そのヴィールスに感染・発病した船員をBJが治す、という内容に。

それから最初に書いたように「死に神の化身」でドクターキリコが初登場だったのが
「恐怖菌」でそうでなくなってしまっていた点が私の中では結構ショック。だって
コマ関係なく全身を大きく描かれたキリコの絵こそ初登場に相応しいと思うから。
この大きい絵でジャーンと初登場!!ていうのがかっこ良かったのに。
「ふたりの黒い医者」のキリコは普通にさらっと出てきてしまう。
原子力船の放射能漏れっていう内容に何か圧力がかかって、お蔵入りってことで
「死に神の化身」は単行本に入れないつもりで先に「ふたりの黒い医者」を収録
しちゃって、でもやっぱり描き直して収録することになってキリコ初登場ではなくなって
しまった、と予想してるけどあってるだろうか。

ドクターキリコ、「死に神の化身」のほうが人間的に恐ろしくて良いww
「なおして役に立ちそうな病人はかならずなおす そのかわり なおしても
役に立たんやつは えんりょなく殺す!」
 というセリフが、「恐怖菌」では
「おれだって殺してばかりはいやしない なおせる相手ならなおすよ
やせてもかれても 一応は医者だからな」
となってしまった。かなり丸くなってる!

というわけで、ドクターキリコファンの方には「死に神の化身」、オススメです。
題名からしてもズバリ、キリコの為のエピソードだもんね。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/933-8578fc87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
息子にチククのコスプレさせたい
自分はナウシカ・・・とは言いません
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -