今月はBJネタを沢山書いたなー。未収録作品について軽くまとめてみる。
今現在手に入る、文庫版の17巻(1冊)と、新書版全25巻でもまだ読めない作品は

植物人間(74年9月23日号掲載)
 脳をいじっているのでお蔵入りになったと思われる。新書版の、初版~18版の4巻
 には収録されている。
快楽の座(75年1月20日号掲載)
(77年5月9日号掲載)
 平成17年10月20日発行のヤングチャンピオンなどに収録された。
落下物(78年4月3日号掲載)
 コンビ二本のブラックジャック・医者の使命編などに収録された。
(74年6月24日号掲載) 単行本では「刻印」
死に神の化身(74年10月28日号掲載) 単行本では「恐怖菌」
緑柱石前・後編(75年3月31日・4月7日号掲載) 単行本では「ふたりのピノコ」
ある監督の記録(77年1月1日号掲載) 単行本では「フィルムは二つあった」

※壁と落下物は、平成20年発行の秋田文庫・BLACK JACK Treasure Book
 にも収録されました。

下からの4つは、記事で書いたようにかなり改作されて別物!という感じのもの。
他に、改題されてるけど内容はほとんど変わっていないものに「悪魔」→「悪魔大尉」
「限りなく透明に近い水」→「99.9パーセントの水」 がある。

他にもチャンピオン掲載時と単行本収録時で「ほんのちょっと変わってるもの」は
たくさんありそう。手塚治虫は書き直しが好きだったんだなー。
それから同じ新書版でも、後の版で差別用語の差し替えがされている物も多い。
BJ好きな人が新書版の古いのを集めるのは、収録話数が一番多いのと、セリフが
もとのまま、というところに惹かれるからだと思う。

自分も最初に文庫版を集めたけど、あとから新書版も揃えた。
文庫版は気軽に読む用、古本屋で集めた新書版はじっくり読む用、にしている。
…だから時々家に来る兄よ、新書版のほうをトイレに持ち込むのはやめてww
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soursherbet.blog64.fc2.com/tb.php/940-b675fbc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント






非公開にする場合はチェックを入れて下さい
プロフィール
 

sawa

Author:sawa
携帯電話を持ってない絶滅危惧種
コメント・リンク大歓迎です

カウンター
 
メッセージもぜひー
 

最近のコメント
 
カテゴリ
 
ブログ内検索
 
過去の記事
 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -